ご覧になりたい質問をクリックすると、その回答がご覧いただけます。


質問
ご質問はこちらからお願いします。

Search

(全34件)
Q 1.2 Safety Equipment(怪我を防ぐための用具)についてですが、シューターズボックス内で競技中(※銃はホルスター内)にアイプロテクション内側が曇って見えなくなった場合、外さずに浮かせてタオルを差し込んで湿気を拭き取る事は可能でしょうか?

1.3 Dress Code(服装規定):についてですが、競技を行う際、裸足でも大丈夫でしょうか?
 


Q 3.2 Changing Equipment(装備の変更)とA.2.2Tactical(タクティカル)についてですが、同じメーカーの色違いモデルの部品へ修理等で交換した物はタクティカル及び予備ガンとして使用可能でしょうか?例:東京マルイ製P226E2ステンレスモデルへ同社製ブラックモデルのスライドへの載せ替え等。

A.2.2
Tactical(タクティカル):についてですが、市販のガンをノーマル状態に近い形状で使用する。とありますが、内部パーツの形成バリの研磨処理や外部パーツのパーティングライン処理を行うとタクティカルでの使用はできなくなるのでしょ・・・


Q 現在、マガジンにPROTEC コネクティブプラグ TYPE3+を取り付けています。
そこにPROTEC マイクロカプラーソケットに6mmホース経由でリリースバルブを取り付けています。
現状の運用状態でJSCに参加しようと考えているのですが、何か問題はありますか?
 


Q 最近、3Dプリンタによるプラ素材のスライドがサードパーティから販売されています。
タクティカルクラスでそのような市販のスライドで、最初から穴開け加工された物を使用することはルール上認められますか?
その場合、ダットサイトを載せていなくてもオープンクラスになりますか?


Q 7.1.3”Designated Targets”に関して、アウターリミッツのBOX間を移動中に発射した場合は、「指定に従わない射撃」のペナルティーが適用され、暴発とはならないと解釈できますか?

Q 7.1.3”Designated Targets”に関して、指定に従わない射撃を行なった場合のペナルティーが記載されているが、アウターリミッツで指定外のターゲットを撃った場合、ヒット・ノーヒットに関わらず、撃った行為にペナルティーがつくのでしょうか?

Q 8.2.2”暴発”の8.2.2.3に「射手の10フィート(JSCでは3m)以内の地面に向かって行なわれた発射」と記載されていますが、この範囲内の着弾でなければ、エイミングする前に発射するような行為には暴発は適用されないと解釈していいでしょうか?

Q 5.3.9”Range is Clear”の項で、宣言された後はいかなる理由があってもガンに触れることは許されないと記載されていますが、ホルスタ内のガンやグリップを手で押さえる行為も該当しますか?

Q 7.1.1”False Start”の項で、ブザーより前に動き出したらフライング判定とありますが、ブザー後にフライングに気付いて両手を元の位置に戻してから撃てばOKでしょうか?

Q 外部ソースは参加Divisionを問わず使用可能という理解でいいでしょうか?

NEXT
TOP FAQtop
管理ページ
© 2007 JAPAN STEEL CHALLENGE
QandaCGI © CopyRight chama.ne.jp